とりあえずビール!

仕事終わりのビールが大好きの社会人のブログ。仕事のこととかたまに趣味のこととか書いています。

この前ジムで筋トレをしているときに、ふと思い出したことが一つありました。かなり前ですが一旦引退したフィギュアスケート選手が30代になってからまた復帰宣言をしたというニュースがありましたね。

今はもう復帰している選手ですが。復帰する少し前の新聞記事で読んだことがありました、やはり20代前半の頃と30代の身体は違うと嫌でも実感させられるものだと書いてありました。初めて腰痛になったり、4回転ジャンプを練習し始めたら肉離れになってしまったり、練習の目標が3ヶ月もズレてしまったりなど、予想外のことが結構たくさんあったそうです。

それでも選手としてまた試合に出ようとするその姿勢は凄いなと思いました。僕自身はアスリートではないにしても、結構運動はしている方だと思います。

ジムでこの前走っていたとき、一昔前より疲れやすくなったと思ってしまったところです。自分の中ではそこまで年齢と体力は反比例するものではないと思っていたつもりですが、やはりいくら何でも10代や20代前半ぐらいまでの体力と今の体力は同じではありませんよね。今更ですが自分もそれに気付いたところでした。それでも将来のためにもできるだけ丈夫な身体を保ちたいと思っているところです。

この前、会社の後輩が合コンに誘われて行ったそうです。その話をこの前聞いていて色々思ったことがあるのですよね。その合コンとは後輩の女友達がアレンジしてくれたそうです。

事前に「可愛い子たちを集めておくから」と言ってくれていたそうですが、実際に合コンに行ってみたら「可愛い」と思える外見の女性ははっきり言って一人もいなかった、と後輩は言っていました。

後輩の友達がその中で一番外見は良いと思った、と言っていました。そこで出た話題が「男性が言う可愛いと女性が言う可愛いは違う」といった話題でした。確かによく聞く話ではありますね。

「可愛い」という言葉は女性にとっては便利な言葉で、示す範囲もかなり広いそうです。

男性にとってはかなり直接的な言葉で、外見についてのみ使われることが多いです。しかし女性にとってはその人本体の顔立ちやスタイルだけではなく、メイクや髪型、服装や喋り方、性格やしぐさなども含むそうです。

むしろ顔立ちやスタイル以外の要素の方が比重を占めている感じがしてなりません。なので「可愛い子」と女性が言っても外見に関してはあまり信じない方が無難なのかもしれない、なんて少しだけ思っている自分がいました。後輩にははっきりそこまで言いませんでしたけどね。

休日、時間があるときにはよくジムに運動しに行くのですが、もう今のところに通い始めてから大分経ちます。そこで、この前行ったときに初めて話しかけてきた60代ぐらいの男性がいたのです。僕自身もその方がいつぐらいからジム通いしているかは注目していなかったので知りません。

しかし、その男性が僕に向かって「ずいぶん頑張っているね、君がここに通い始めたときから見ていたけど後ろ姿が以前より引き締まってシュッとしているよ」と言ってきたのです。なんだか少し驚きました。

あまりにもいきなりのことだったのでその方がいつからジムに通っていていつから僕のことを見ていたのかも聞く余裕もありませんでした。

正直な話、僕自身は他人に無関心なタイプなので他にジムに来て運動している人たちのことをわざわざ観察することはありません。でも僕の方はわりと見られていたのですね。

一体いつぐらいからその方が通っていたか少し気になりましたが、今度また話すことがあったらそのときにでもついでにさりげなく聞いてみようと思います。そこまで自分の体型が変わったか自分でも実感がないのですが、かなり感心した口調で言ってくれていたので、きっと間違いないのでしょうね。ジムに通っている甲斐がありました。

↑このページのトップヘ